スズキワールドカップ2019 第30回 エアロビック世界大会開催

エアロビック競技世界一を決める「スズキワールドカップ2019 第30回エアロビック世界大会」が4月13日(土)14日(日)の2日間、東京・大田区総合体育館で開催されます。
今大会は今回で30回目となるエアロビック競技世界最高峰の大会のひとつで、世界22ヵ国(予定)が参加し、各国の代表がエアロビック世界一の座を競います。

日本はエアロビック競技が盛んな国の一つで、欧州やアジアの強豪国が居並ぶ中、シニアの部(18歳以上)では男子シングル部門で斉藤瑞己選手(群馬県)が見事3連覇を達成。
女子シングル部門でもユース時代5連覇の偉業を達成した北爪凜々選手(群馬県)がシニア2年目の年に見事に優勝。AGの部(12~17歳)でも例年優勝者を輩出し、若い世代のめざましい活躍で、今大会も日本代表選手のメダルラッシュが期待されています。
詳細は、公式サイト(http://www.aerobic.or.jp)をご覧ください。

【大会概要】
日程:4月13日(土)予選・14日(日)決勝
会場:大田区総合体育館(東京・大田区)
主催:公益社団法人日本エアロビック連盟、国際エアロビック連盟、国際体操連盟
観覧料金:当日券1,000円(中学生以上有料)
参加国(予定):イタリア、インドネシア、オ-ストラリア、韓国、スペイン、スロバキア、タイ、中国、チャイニーズタイペイ、ドイツ、日本、ニュージーランド、ハンガリー、フィリピン、ブラジル、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ポルトガル、メキシコ、ルーマニア、ロシア(予定)

タイトルとURLをコピーしました