« フィットネスの資格ガイド

主な運動指導資格一覧 トレーナー編

*ここに掲載された以外にも、メンタルトレーナー系の資格、その他の医療資格など、様々なトレーナー資格や健康運動関連の資格がございます。

» インストラクター編はこちら

*また、ここに掲載した表による区分けは、あくまでもジャパンフィットネス編集部によるもので、各資格の権威や資格取得難易度を表すものではありません。メディカル寄りの資格であっても、アスリートを指導してるかたは沢山いますし、その逆のパターンも沢山あります。
詳細は各団体のWebサイトをご確認ください。

次の資格表(PDF)では、主な資格をさらに、対象別 《アスリート/一般》 および 目的別 《体力・機能強化(ストレングス&コンディショニング)/治療・予防(メディカル・リハビリテーション・リコンディショニング)》 に区分けしています。

» 主なトレーナー資格表(PDF)

ストレングス&コンディショニング/フィットネス系

NSCA-CSCS(NSCA 認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
NSCA(全米ストレングス&コンディショニング協会:National Strength and Conditioning Association)が認定するトレーナー資格。傷害予防とスポーツパフォーマンス向上を目的とした、安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行する知識と技能を有する人材をスペシャリスト。資格取得の条件に4 年制大学卒業、またはそれに準じた教育機関の修了がある。
NSPA 公認パーソナルトレーナー
NSPA( National Strength Professionals Association)が認定するトレーナー資格。NSPAはハイインテンシティ・ストレングストレーニング(HIT)やマニュアルストレングストレーニングのテクニックなどの教育養成もおこなっている。
JATI-ATI トレーニング指導者
JATI-AATI 上級トレーニング指導者
JATI-SATI 特別上級トレーニング指導者
日本トレーニング指導者協会(JATI:Japan Association of Training Instructors)が認定するトレーナー資格。アメリカ起源のトレーナー資格が多い中、日本の環境や実状に合ったトレーニング指導を目的するのが特徴。上級トレーニング指導者、特別上級トレーニング指導者は上級資格。
JHCA フィジカルコンディショナー(FC)
JHCA ホリスティックコンディショナー(HC)
特定非営利活動法人 日本ホリスティックコンディショニング協会(JHCA:Japan Holistic Conditioning Association)公認するトレーナー資格。
日本体育施設協会トレーニング指導士
財団法人日本体育施設協会の認定するトレーニング指導資格。
NASM PES
全米スポーツ医学協会(National Academy of Sports Medicine)が認定するトレーナー資格。日本ではR-bodyアカデミーで取得することが出来るようになった。
NSCA-CPT(NSCA 認定パーソナルトレーナー)
NSCA が認定する資格。個別のアプローチを用いて、クライアントの健康と体力のニーズに関して、評価、動機付け、教育、トレーニングやコンディショニング全般の指導を行う優れた専門的能力をもつ人材を認定する。アスリートだけでなく、年齢・性別・経験を問わず幅広い層に対してトレーニングを指導を行うため、トレーニング知識に加え、医学的、運動生理学的な専門知識とトレーニングの指導技術が必要となる。
NESTA PFT
全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA:National Exercise & Sports Trainers Association)が健康・フィットネス・ウェルネスのプロとしての総合的な知識・技術の習得の証明として認定しているパーソナル・トレーナー資格。国際的な認知度も高く信頼を得ている。トレーナー必須の知識・技術だけでなく、資格者のビジネススキルもサポートしてくれるのもNESTA の特徴の一つ。
NASM CPT
全米スポーツ医学協会(National Academy of Sports Medicine)が認定するトレーナー資格。
AFAA-RT・PFT
AFAA(Aerobics and Fitness Association of America)が認定するトレーニング資格。一般健康成人にトレーニング指導をする際の基礎知識と実践指導能力を有し、デモンストレーション能力などを含めた指導を目的とする。米国のメソッドとシステムを、日本人のライフスタイルに合わせてアレンジして習得。トータルな指導を目指すトレーナーの上位資格です。

アスレティックトレーナー系

日本体育協会公認アスレティックトレーナー
日本体育協会公認のアスレティックトレーナー資格。スポーツドクター及びコーチとの緊密な協力のもとに、競技者の健康管理、傷害予防、スポーツ外傷・障害の救急処置、アスレティックリハビリテーション及びトレーニング、コンディショニング等にあたる。
NATA 認定A.T.C
NATA とは全米アスレチック・トレーナーズ協会(NATA:National Athletic Trainers'Association)が認定するアスレティックトレーナー資格。略してATC「Athletic Trainer Certifi ed(NATA 認定アスレチックトレーナー)」と呼ばれることが多い。アメリカでは準医療資格で、一部の救急処置が可能。この資格取得をめざし、アメリカの大学のスポーツ系学部に留学する人も多い。
JATAC-ATC
特定非営利法人ジャパン・アスレティック・トレーナーズ協会の認定するアスレティック・トレーナー資格。主に理学療法士や柔道整復師などの国家医療資格保有者を対象に資格を認定している。

メディカル系

ACSM / HFS(ACSM 認定ヘルス/フィットネススペシャリスト)
アメリカスポーツ医学会(ACSM:American College of Sports Medicine)の認定する資格。ヘルスフィットネススペシャリスト(HFS)は、大学、企業、商業、病院や地域のにおけるヘルスフィットネスの専門家として活動する。フィットネス業外の多くのプログラムでACSMのガイドラインを使用している。
ACSM / CEC(ACSM 認定ヘルス/クリニカルエクササイズスペシャリスト)
アメリカスポーツ医学会(ACSM:American College of Sports Medicine)の認定する資格。クリニカルエクササイズスペシャリストは臨床における運動指導のスペシャリスト。心血管または肺リハビリテーションプログラムなどを医療との連帯で指導する。
柔道整復師
柔道整復ができる医療系国家資格。柔道整復は日本固有の伝統医療、代替医療で、柔道が起源の療法なため、スポーツと非常に関わりの深い医療資格である。
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師
療系国家資格。フィットネスやスポーツの現場においても活躍している人が数多くいる。
理学療法士、作業療法士
日本の医療系国家資格。フィットネスやスポーツの現場においても活躍している人が数多くいる。

健康運動指導系

健康運動指導士
財団法人健康体力つくり事業財団が、保健医療関係者と連携しつつ安全で効果的な運動を実施するための運動プログラム作成及び実践指導計画の調整等を行う役割を担う者に対して与える称号。健康運動指導士の養成は、国民の生活習慣病予防・適切な運動習慣の普及を目的とした厚生省(当時)の施策の一つとして始まったものである。
健康運動実践指導者
財団法人健康体力つくり事業財団が、健康づくりのための運動指導者に与えている称号。第2次国民健康づくり運動(アクティブ80 ヘルスプラン)の一環として、もうひとつの称号である健康運動指導士と両輪となって生涯を通じた国民の健康づくりに貢献することを目的とする。プログラム作成や実践指導計画の調整を行うことが活動の中心である健康運動指導士に対し、実践指導者は自ら見本を示せる実技能力と、特に集団に対する運動指導技術に長けた者であることが求められる。

その他

日本SAQ 協会認定 SAQ インストラクター資格
日本SAQ 協会は、広くスポーツや健康を楽しみあるいは指導する人々に対し、SAQ[S : スピード(最高速度) A : アジリティ(敏捷性) Q : クイックネス(すばやさ)]トレーニングを通して正しいトレーニング処方を普及・教育する事業を行い、スポーツ選手の基礎体力の向上や一般の健康管理向上に寄与・貢献することを目的として資格を認定している。インストラクターにはレベル1~3までがある。
コアコンディショニング協会(JCCA) 認定トレーナー
コアコンディショニング協会(JCCA:Japan Core Conditioning Association)が認定するトレーナー資格。人々の快適な生活のサポートやスポーツ愛好者のパフォーマンス向上に貢献するコアコンディショニング指導する。ベーシック、アドバンス、マスター3つのレベルがある。

*本内容は、「月刊ジャパンフィットネス」 2015年1月号に掲載した特集記事を基に構成しています。

月刊ジャパンフィットネスのWEBサイトはこちら。定期購読なら最大16%OFF!(送料無料)お申し込みはオンライン書店Fujisanへ。

このページのトップへ